学校の選び方はその時の子供の年代によって違う

>

自分に合った学校を選ぼう

普段の会話から自分の子供を知る

最近では、授業の必修科目にダンスや英会話など普通の公立の学校でも行われるようになってきました。

公立の学校の教育方針も現代に合わせてきているのです。
良い学校とは何なのでしょう。
きっと答えは出ないでしょう。子育てや教育は、いくら子供の事を考えて、優しくしたとしても、その子供がどうとらえるかはその子供次第です。

親と子供のコミュニケーションが親と子の気持ちの伝達の誤差を減らしてくれるかもしれません。
小さいころから家族内で会話があれば子供も自分の気持ちを素直に言葉にしてくれるかもしれません。

学校は大きく環境が変わる場所です。
大人が親としての自分の考えを信じ、しっかりしなければ、子供も不安になります。
大人は道を作り、子供の教育環境を作ってあげるのが役目かもしれません。
答えがないものには、間違いもないのです。

小学生には大人たちが必要

近所付き合い、最近では隣に住んでいる人も把握していない人が多いと言われています。

しかし今の時代だからこそ、近所付き合いは必要なのかもしれません。
最近多くニュースでやっている物騒な事件の被害者が子供の時はやるせない気持ちになります。
近所付き合いがあれば周りの大人が自分の子供を気にかけてくれることが多いのです。
近所付き合いが、子供を気にかけてくれるきっかけとなります。
それが受け継がれ、よりよい地域社会ができるのです。

大人たちが幼少期に教えられたことを生かし、危険から子供たちを守れるのです。
知識や経験など色んな事を子供たちに受け継ぎましょう。
そしてみんなで安心した地域にすることが、子供たちの未来を守る鍵となりそうです。