学校の選び方はその時の子供の年代によって違う

>

難しい年頃だからこそ会話を

中学校は難しい年頃です

中学生くらいになると、思春期になり、極端に反抗的な態度をとることが多くなってきます。
親も対応に困る時期なのです。
そんな時に親が学校を決めてしまったり、成績を気にしすぎてしまうのは、子供にとってプレッシャーになってしまい、反抗してしまう原因の一つになるのです。

実績のある学校に行かせるのも確かに良いのですが、子供の環境にあった学校を探してあげることが、一番かもしれません。
中学校3年生になると高校受験が待っています。

高校受験は、義務教育を終え自分の将来も考えて進路を決めないといけません。
中学校に関しては、親がやるべきことは、土台を作ってあげる事が重要かもしれません。
子供が路頭に迷わないためにも、親は子供のサポーターとして支えてあげる必要があるのです。

選べる学校が子供たちを救う

学区制度をご存知ですか。
住んでいる場所によって通う学校が昔は決まっていましたが、今は自由化されてどの学校に行ってもかまわないといった内容に変わって来ました。
しかし学区制度が廃止になっても、ほとんどの児童は地域内の学校に通わせているのが現状です。

しかし学区制度の廃止の理由の一つに、いじめによる子供の自殺を失くすといった試みがあるようです。
自分が行く学校を選べる事で、子供の学校はここだけではない、選べるだけ学校はあるといった気持ちを子供たちに持たせていくことで、子供に安心感を持ってほしいという事も考えられているのでしょう。

学校選びは、入学するときに決めれるだけではなく、常に子供たちの学ぶ場所はいっぱいあるのかもしれません。